東海市の新築一戸建てを探すならビーエステート > 株式会社 ビーエステートのスタッフブログ記事一覧 > 【東海市】リノベーションに必要な予算の目安は?できるだけ費用を抑える方法もご紹介

【東海市】リノベーションに必要な予算の目安は?できるだけ費用を抑える方法もご紹介

≪ 前へ|武豊町 新築一戸建 新発売   記事一覧   【東海市】購入した不動産に課税される「都市計画税」とは?計算方法や軽減措置も解説|次へ ≫

【東海市】リノベーションに必要な予算の目安は?できるだけ費用を抑える方法もご紹介

カテゴリ:お役立ち情報

リノベーションに必要な予算の目安は?できるだけ費用を抑える方法もご紹介

新築物件を購入するよりも低予算で、理想の住まいが叶うのがリノベーションの魅力です。
しかし、購入したマイホームに、どのくらいの費用が必要か、気がかりではないでしょうか。
この記事では、工事に必要な予算の目安や、節約できるポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

リノベーションに必要な費用の目安

リノベーションに必要な費用の目安

リノベーションに必要な費用は、選ぶ設備のグレードやデザインによって大きく上下します。
建物の状態によっては、追加予算が必要になる場合もあるでしょう。
価格の上下に影響するものを把握すれば、優先順位をつけやすいです。
また、マンションか一戸建てかでも、かかる費用の目安が違うので参考に検討してみてください。

リノベーションの費用に影響するものとは?

リノベーションに必要な費用は、さまざまな要因が影響して上下します。
たとえば、物件の広さです。
施工面積が広ければ、その分建築資材や設備費がかかり、作業量が増えるため職人の工賃も上がります。
また、内装のデザインも価格に大きく影響するところです。
たとえば、水回りを移動する工事の有無によって、必要な金額が違います。
浴室やキッチンは、選ぶ設備のグレードによっても、価格が大きく上下するでしょう。
マンションの場合には、階層によって金額に差が出る場合があります。
高層階の物件では、資材運搬にかかる手間によって、必要経費が上がる傾向があるからです。

マンションリノベーションでかかる費用の目安

マンションリノベーションの相場は、1㎡あたり15〜20万円です。
たとえば、専有面積が60㎡の物件をスケルトンリノベーションするなら、900〜1,200万円が目安になります。
スケルトンリノベーションとは、部屋の構造体だけを残して解体し、内装や設備を一新する方法です。
フルリノベーションやフルリフォームと呼ばれる場合もあります。
ただし、設備や資材をグレードアップすれば、価格も上がります。
高機能な設備を備えたシステムキッチンや、床にこだわった無垢材のフローリングなどのハイグレードなものを選べば、その分費用もかかるでしょう。

一戸建てリノベーションでかかる費用の目安

一戸建てをリノベーションする場合の相場は、ケースバイケースです。
建物の構造や規模、築年数によって相場に大きな幅があります。
一戸建ての住宅をスケルトンにしてリノベーションする場合には、2500万円以上の予算が必要になる可能性もあるのです。
ただし、外壁や屋根の更新、大きな間取りの変更などがなければ、800万円程の予算で可能な場合もあります。
水回り設備の入れ替えや、床や壁などの内装、間取りの変更などを希望する場合には、1,500万円程度の予算を想定すると良いでしょう。
ただし、一戸建ては建物の状態によって、追加工事が必要になる場合があります。
壁や床などを解体してみて、思った以上に劣化が進んでいると、修理が必要になるからです。
そのため、ある程度余裕をもって予算を用意しておくのをおすすめします。

▼この記事も読まれています
こどもエコすまい支援事業を利用して新築一戸建てを購入!概要や流れとは

リノベーションに必要な予算の立て方

リノベーションに必要な予算の立て方

あれもこれも希望をかなえたい!となってしまいがちなのが、リノベーションです。
しかし、ほとんどの方の予算には上限があり、工夫しながら進めていかなければなりません。
上手な予算の立て方は、優先順位を決めてメリハリをつけるやり方です。
また、工事費以外にかかる金額を、あらかじめ把握しておくのも重要なポイントです。

優先順位を明確にさせる

リノベーションでは、予算をかけるところの優先順位を明確にさせるようにしましょう。
なぜなら、リノベーションは自由度が高いため、かなえたい希望が多くなりがちで、まとまらない可能性があるからです。
もし予算を気にせずに、好きなだけかけられるなら、あれもこれも希望を詰め込んでもかまいません。
しかし、ほとんどの方は、決まっている予算の範囲内で、理想の住まいに近づけるしかありません。
たとえば、希望する箇所を3つに分けてリストアップしてみるのはいかがでしょうか。
「必ず取り入れたい設備や工事」「無理なら妥協できる設備や工事」「余裕があれば取り入れたい設備や工事」のどれかに、分類してみてください。
優先順位が明確になると、予算内で取捨選択しやすくなるでしょう。

工事以外にも費用がかかる

リノベーションにかかる費用は、工事費だけではありません。
たとえば、中古物件の購入とリノベーションをあわせておこなう場合には、物件購入やローンの融資に手数料がかかります。
また、火災保険料や登録免許税(登記費)、司法書士への報酬も発生します。
これらの諸費用は原則、現金で準備しなければなりません。
そのほかにも家具や家電類、カーテンなどを購入する費用も必要です。
諸費用もあらかじめ見積もっておくのが、失敗しない予算の立て方といえるでしょう。

二重払いになる期間がある

リノベーションでは、ローンと家賃の支払いが重なる、二重払いを考慮しておかなければなりません。
たとえば、賃貸物件にお住まいの方が中古住宅を購入して、リノベーションする場合です。
工事が始まってから、完了して入居できるまでの期間は、二重払いになります。
もうひとつは、現在お住まいの家を、ローンを利用してリノベーションする場合です。
工事が完了し入居できるまでは、賃貸物件やマンスリーマンションなどを利用するようになるでしょう。
どちらの場合にも、二重払いの期間が発生します。
工事にかかる期間は、約3〜5か月です。
この期間の家賃負担も考慮したうえで、資金計画の立て方を決めると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
建売住宅と注文住宅の違いとは?向いている方の特徴も解説

リノベーションの予算を抑えるおすすめの方法

リノベーションの予算を抑えるおすすめの方法

限られた予算のなかで、できるだけ理想に近づけるためには、工夫が必要です。
価格を抑えるコツや、ポイントを抑えて、かしこくリノベーションすると良いでしょう。

既存の間取りを活かそう

費用を抑えるには、今の間取りを活かす方がおすすめです。
大幅な間取り変更のプランは、どうしても高額になります。
できるだけ、今の間取りを活かしたり、建具を再利用したりすると、費用の節約になるでしょう。
建具の再利用では、シートを貼ったり、金具を変えたりするだけでも、大きく印象を変えられます。

設備や素材のグレードを見直そう

費用のなかでも大きな割合を占める、水回りの設備や床材などは、節約可能な部分です。
たとえば、同じメーカーのシステムキッチンでも、グレードによって大きく価格が上下します。
さまざまなオプションは、優先順位をつけて、必要かどうか見極めましょう。
床材では、無垢材のフローリングや天然石が高額になります。
本物の素材は、高級感や満足感が得られる分、コストも高いです。
予算オーバーになりそうな場合には、空間ごとの使い分けがおすすめです。
たとえば、家族が過ごす時間が長いリビングには無垢材のフローリング、2階やそれぞれの居室はグレードを落とした複合フローリングを採用すると、節約できます。

施工会社の得意分野を知ろう

施工会社には、それぞれ得意分野があります。
「デザイン性が高く、おしゃれなマンションを得意とする会社」や「古民家や和風建築が得意な会社」「安価で小回りが利く一戸建てを得意とする会社」などです。
施工会社の得意とする分野では、デザインや施工にノウハウがあるため、失敗しにくいです。
また、それぞれの得意分野に合う依頼をする方が、費用だけでなく仕上がりの満足度も高くなるでしょう。

補助金や減税制度を活用しよう

リノベーションを検討する際には、国や自治体の補助金制度が使えます。
改修や工事の種類によって、さまざまな補助金があります。
たとえば、断熱などの省エネ改修、子育て世帯のリノベーション、バリアフリー工事などが対象です。
ただし、適用できる物件の種類や募集時期は、制度によって異なるため、施工会社や自治体に確認しましょう。

▼この記事も読まれています
共有名義で不動産を購入するメリット・デメリットについて解説!

まとめ

リノベーションに必要な費用は、建物の種類や状態によって異なります。
また、選ぶ設備や材料のグレードによっても上下します。
限られた予算のなかで理想をかなえるには、優先順位と取捨選択がポイントになるでしょう。




この記事の執筆者

ブログ執筆者 大須賀 稔章

【 不動産業界歴:20年】
<保有資格>
宅地建物取引士、建築プロデューサー
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
不動産キャリア20年以上の正しい知識と豊富な経験で、お客様一人ひとりの“ベストな住まい”をご提案いたします。特に「東海市・知多半島」エリアの新築一戸建てはお任せください。不動産のプロフェッショナルとして、ライフスタイルなどに合わせた『最適な物件』『購入プラン』を各種保険やリフォームも含めて、ご提案致します。不動産のことでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

≪ 前へ|武豊町 新築一戸建 新発売   記事一覧   【東海市】購入した不動産に課税される「都市計画税」とは?計算方法や軽減措置も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • いつでもかんたんお問い合わせ!
  • Instagram
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 ビーエステート
    • 〒477-0031
    • 愛知県東海市大田町蟹田1045(202)
    • TEL/0562-57-7766
    • FAX/0562-57-7765
    • 愛知県知事 (1) 第024346号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-07-12
    東海市富木島町23-2期 1号棟の情報を更新しました。
    2024-07-12
    大府市吉川町第5 1号棟の情報を更新しました。
    2024-07-12
    東海市高横須賀町全2棟 1号棟の情報を更新しました。
    2024-07-12
    東海市富木島町3期の情報を更新しました。
    2024-07-12
    東海市富木島町23-2期 2号棟の情報を更新しました。
    2024-07-12
    東海市高横須賀町全2棟 2号棟の情報を更新しました。
    2024-07-12
    大府市吉川町第5 2号棟の情報を更新しました。
    2024-07-11
    半田市上浜町の情報を更新しました。
    2024-07-11
    東海市富木島町第26 5号棟の情報を更新しました。
    2024-07-11
    東海市第3加木屋町北鹿持 1号棟の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


豊明市栄町第12 3号棟

豊明市栄町第12 3号棟の画像

価格
3,290万円
種別
新築一戸建
住所
愛知県豊明市栄町梶田
交通
豊明駅
徒歩16分

知多市八幡平井第3 2号棟

知多市八幡平井第3 2号棟の画像

価格
2,680万円
種別
新築一戸建
住所
愛知県知多市八幡字平井
交通
寺本駅
徒歩11分

武豊町池田一丁目 3号棟

武豊町池田一丁目 3号棟の画像

価格
3,090万円
種別
新築一戸建
住所
愛知県知多郡武豊町字池田1丁目91
交通
上ゲ駅
徒歩7分

知多市八幡北屋敷

知多市八幡北屋敷の画像

価格
3,388万円
種別
新築一戸建
住所
愛知県知多市八幡字北屋敷110-1
交通
八幡新田駅
徒歩12分

トップへ戻る